SERVICE

e-casebook 事業

e-casebookは、医師同士が、自らの経験や技術、情報等を、共有・相談・検討し、
お互いの医療技術を高め合う「症例検討プラットフォーム」です。

e-casebook

e-casebookがあれば
例えばこういうことが実現するのです。

  • オンラインでDICOMや映像を
    見ながら議論
  • 画像のポイントとなる箇所に
    オンラインで直接書き込み
  • 症例の表示方法や閲覧権限を
    自在に管理

安心のセキュリティと利便性を両立

  • e-cacebookの利用は
    医療従事者・関係者限定

  • グループや学会単位といった
    クローズ環境での利用も可能

  • 個人情報をはじめ、安心して
    利用できるセキュリティ環境

  • マルチデバイス対応。
    利用はいつでも、どこでも。

例えば、専門的な治療が必要な患者を抱える医師の悩みは……

  • 世界規模で希少疾患の<br>治療事例を知りたい

    世界規模で希少疾患の
    治療事例を知りたい

  • 治療の改善点・注意点を医師同士で共有・ディスカッションしたい<

    治療の改善点・注意点を医師同士で
    共有・ディスカッションしたい

  • 予後事例の集計・検証をこれからの治療に活かしたい

    予後事例の集計・検証を
    これからの治療に活かしたい

  • 自分の経験や技能を後継の医師に伝授・伝播したい

    自分の経験や技能を
    後継の医師に伝授・伝播したい

⇔

医師が抱える医療課題をクラウドで解決

e-casebookフォーラム(オープン)

1世界の医師と、真剣勝負で症例検討

e-casebookでは、世界中の医師と真剣な症例検討ができる、
様々なディスカッションフォーラムが運営されています。
ご自分に合ったフォーラムを見つけて、参加してみてください。

フォーラム参加で、世界中どこからでも閲覧・検討できる フォーラム参加で、世界中どこからでも閲覧・検討できる

e-casebookグループ(クローズド)

2自分たちだけのグループで症例共有

医師が院内外を問わず、指定した人とだけクラウド上で症例を共有・検討できるサービスです。
ウェブ上でDICOMを再生できるビューワーや、描画機能を備えたコミュニケーションスペースがあるので、
院外の医師とのやりとり全てがe-casebookで完結します。

Open症例検討「フォーラム」 Open症例検討「フォーラム」
  • 国内外地域を問わず最新の医療知識や技能をリアルタイムで共有
  • 国際基準規格の医系データ様式「DICOM」対応で汎用性の高いデータベースを構築
  • 検討・画像への書き込みなどを利用して、緻密な議論が可能

離れていても、つながる医療。

e-casebookは、世界中の専門医同士が、症例を共有・検討し、
お互いの医療技術を高め合う症例検討プラットフォームです。

e-casebook

コンベンション事業

コンベンション事業部では、IT技術を活用し、学会・研究会の運営事務局として、情報の発信/共有の場をサポート。
会場予約から開催後のお礼状手配まで、効率アップとコスト削減を実現し、ご盛会をトータルコーディネートいたします。

コンベンション事業
コンベンション事業

また、事務局の皆さまのスムーズな活動をサポートするために、学会/研究会運営に必要な情報や資料を提供いたします。
大会の決定から開催まで、規模の大小に関わらず様々な業務が発生します。
より細やかなサポートをご希望の場合も、ぜひご相談ください。