NEWS

2020.04.10

【報道発表】学会・研究会で1か所に集まることなく、自宅やご勤務先から 講演していただける新しい機能、『マルチサイトスピーカー機能』が近日リリース

報道関係者各位

2020年4月10日

株式会社ハート・オーガナイゼーション

学会・研究会で1か所に集まることなく、自宅やご勤務先から講演していただける新しい機能、『マルチサイトスピーカー機能』が近日リリース

株式会社ハート・オーガナイゼーション(本社:大阪市淀川区、代表取締役:菅原俊子)は、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大を受け、医療技術の情報共有ライブ配信サービス「e-casebook LIVE(イー・ケースブックライブ)」に、新機能である「マルチサイトスピーカー機能」を近日リリースすることをお知らせいたします。これは講義・講演される先生方が1か所に集まることなく、自宅やご勤務先から講義・講演していただける新機能で、これにより先生方や弊社従業員共に安全にライブ配信ができます。

現在、医療現場では、先が見えない状況の中、増え続ける新型コロナウィルス(COVID-19)感染患者様の対応に追われておられます。医師や医療従事者は文字通り、命がけで医療を提供されています。そのような状況において、私たちができることは、現在犠牲にされている医師の知的な活動をサポートすることです。それが求められる限り、サービス提供を続けたいと考えており、その活動の負担を少しでも軽減し、安全に行うために今回の新機能の開発を急務で進めることにいたしました。

■ マルチサイトスピーカー機能の概要
医療技術の情報共有ライブ配信サービス「e-casebook LIVE」に追加される機能です。
学会の講演者が、それぞれ離れた場所から医用画像を挿入した精緻なPowerPointプレゼンテーションやビデオ画像をクラウド上にアップロードして発表でき、視聴者みんなで閲覧しながらディスカッションを行う、というものです。
当社の機能の強みは、単なる「画面共有」ではなく「クラウド上のデータにアクセス」することで、まるで手術室にいるかのように、高解像度かつ高フレームレートで医用画像を閲覧できる点にあります。今後この機能を使うことで、学会・研究会に参加するのと同等レベルの高解像度の医用画像を見て、本気の症例検討が行えます。

■ リリース日
現在、4月20日(月)リリースを目処に開発を進めております。

【会社概要】
◆株式会社ハート・オーガナイゼーション
設立:2004年1月
所在地:大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー4階
代表者:菅原 俊子
資本金:2億円
事業内容:医師のための症例検討プラットフォーム「e-casebook」サービス事業
URL: https://www.heartorg.co.jp

・2000年に、医師向けの学会事務局の受託業として大阪市で創業。数々の専門医と関わる中で、医療現場特有の課題をIT技術で解決することを目的に、2014年に医師のための症例検討プラットフォーム「e-casebook」を開始。

NEWS一覧へ